起業をしたいと考えている方は、岩松勇人のアドバイスを参考に起業支援会社を上手に活用していきましょう

起業支援の種類

起業支援の種類

前のページを読んで、「何をしたいのか」「どんな支援を必要としているのか」を考えた後には、実際にどんな起業支援サービスがあるのかを見ていきましょう。
起業支援を行う会社は非常にたくさんありますが、具体的な中身は会社によってまったく異なります。
ここでご紹介しているのはほんの一部ですが、それぞれに特性の違いがあることを押さえておきましょう。

・各種手続きの代行
会社の設立など、主に書類上の複雑な手続きを代行してくれるサービスです。弁護士事務所などで受け付けています。

・開業資金の融資
こちらは銀行や信用金庫、場合によっては商工会議所などでも受け付けをしています。若年者向け、女性向け、中高年向けなど、いろいろなタイプがありますのでよくチェックしてみましょう。

他にもこんな支援がある

・経理関係の代行
お金の管理は手間がかかるだけでなく、間違いがあってはならない大切な仕事です。一人で管理するのは大変だと感じる方は、代行を利用してみてはいかがでしょうか。

・経営状態の分析・サポート
起業後の経営状態の分析や、ちゃんと利益が出ているかなどをチェックしてもらえるサービスです。また、分析した内容を踏まえて、より売り上げを増やすための相談に乗ってもらえる場合もあります。

・各種コンサルティング
起業前の相談の他、起業後の困り事(売り上げのことや、社内の管理など)を相談できるサービスです。特に一人で起業する場合には、相談できる相手がいると心強いかと思います。

・各種セミナー
起業支援セミナーは多くの場所で開かれています。単なるセミナーではなく、他の参加者との交流を目的としたものもあります。「行っただけ」で終わらないよう、行く目的をはっきりとさせておきましょう。


シェア
TOPへ戻る