起業をしたいと考えている方は、岩松勇人のアドバイスを参考に起業支援会社を上手に活用していきましょう

決めるのはあなた自身

決めるのはあなただから

これまでのページでは、「あなたはどんな支援を必要としているのか」「起業支援にはどんな種類があるのか」という内容をお伝えしてきました。
最後にこのページでは、起業をする上で絶対に忘れないでほしいことをひとつお話ししたいと思います。

それは、決めるのはあなた自身であるということです。

「え?そんな当たり前のことをなんで?」
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、起業支援のサービスなどを利用していると、ついつい「相手が何かをしてくれる」ことを当たり前だと感じてしまう可能性もあります。

困ったことがあれば相手が何とかしてくれる、わからないことがあれば相手が何でも教えてくれる。
これから起業をする方が、そういう思い込みをしてしまうのは非常に危険なことです。

自分の会社のことは自分で決める。
自分の商売の責任は自分で取らなければいけない。

これだけは絶対に忘れないでください。

支援サービスの頼りすぎに注意

起業した後は、自分で売り上げを上げる方法を考え、自分で商品やサービスを作り、自分で販売や営業を行うことになります。
もちろん誰かを雇ったり、支援サービスなどを利用することで、負担を軽減することは出来ます。
ですが、売り上げが上がらなかったときの責任は、やはりあなた自身で取るしかないのです。

数ある起業支援会社の中には、売り上げを上げるための相談に乗ってくれるという会社もあるでしょう。
しかし、それに頼り切ってしまうと、あなた自身が商売をしているという感覚を失ってしまうことにもなりかねません。

繰り返しとなりますが、起業をしたら、あなたの商売の責任はあなたにあります。
起業支援サービスを上手に活用するのも大切ですが、何よりあなた自身が行動して商売をしていくのだということは、絶対に忘れないでください。


シェア
TOPへ戻る